seesaaでアドセンスを記事に自動挿入する方法

無料シーサーブログでアフィリエイトをするときに、記事中に自動的にアドセンスを表示する方法です。

アドセンスはアフィリエイターにとっては本当にありがたい、ほったらかし自動販売機みたいなものですが・・・
seesaaブログで、記事を書くたびに記事中にアドセンスのソースを貼り付けるのは面倒だというあなたに朗報です。

無料ブログのseesaaでのアフィリエイトは、一般的に自由スペースを使って、記事ページやカテゴリーページの記事上や記事下、またはサイドバーにアドセンスの広告を表示させるという手法を使っていると思います。

今回は、普通に記事を投稿するだけでアフィリエイトブログの記事中に自動的にアドセンスを表示させる方法を公開します。

アドセンスの自動表示をするためには、HTMLの編集が必要です。
Seesaaブログの管理画面から、デザイン→コンテンツで、一覧表から、「記事」を選択してクリックします。

記事(ページコンテンツ)の画面の右上側に、「コンテンツHTML編集」というリンクがあるのでこれをクリックします。

HTMLの編集画面が表示されますので、以下の記述部分を探します。

これが、記事を表示する部分なので、この中にアドセンスのコードを入れることで、記事投稿時に自動的に表示されます。

<div class="blogbody">
<h3 class="title"><a href="<% article.page_url %>" class="title"><% article.subject %></a>></h3>
<% if:page_name eq 'article' -%>
<div class="text"><% if:diet_log %>
<% include:article_diet_file %><% /if %>
<% article.entire_body | bodyfilter(article_info,blog) %><br />●アドセンスコード●</div>

赤く表示された<br />を必ず入れましょう。
これを入れないと表示が崩れます。

最後に保存、再構築で完了です。

これで、アフィリエイトにかける時間が大幅に節約されますよ!!

 

seesaaブログの日付・時間を消す方法

ブログアフィリエイトの成功の秘訣。
シーサーブログの投稿日時部分を消して、ホームページっぽくする。

シーサーブログでアフィリエイトをしている方も多いと思いますが、ブログをカスタマイズしてホームページのように見せたいと思った時に使える、HTMLの編集方法です。

記事の上に表示される日付を消す方法
管理画面→デザイン→コンテンツ→記事→コンテンツHTML編集

h2表記の部分で

</rdf:RDF>
-->
<% if:with_date %><h2 class="date"><% article.createstamp |
date_format("%Y年%m月%d日") %></h2>
<% /if %>
<% if:with_date %><% /if %><div class="blogbody">
<h3 class="title"><a href="<% article.page_url %>"
class="title"><% article.subject %></a></h3>

朱書き部分の
<h2 class="date"><% article.createstamp | date_format("%Y年%m月%d日") %></h2>
を削除し、保存再構築すれば投稿記事の日付が消えます。

なお、SEO対策として削除した部分の後にあるh3の要素を書き換えるほうがベターですのでコチラの記事を参考にしてくださいね。
seesaaブログのh2・h3タグの変更

デザイン→HTMLで、日付表示の同じ箇所を削除すれば、ファイアフォックスなどのブラウザで見ている人にも、日付は表示されなくなります。

記事下の時間を消す方法
記事の下の
posted by 投稿者名 at 13:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

これの時間を消すには
管理画面→デザイン→コンテンツ→記事→コンテンツHTML編集

<div class="posted">posted by <% article.nickname %>
at <% article.createstamp | date_format("%H:%M") -%>
という箇所を削除すれば、記事の投稿時間の表示が消えます。

投稿者名を消したいときは
posted by <% article.nickname %>
の部分を削除すればOKです。

選ぶテンプレートと、CSSでの色の変更などを施せば、結構かっこいいHPに変身してしまいます。

気に入った無料テンプレートの配布サイトで、テンプレートをダウンロードして、これらの日付消しテクニックを使うことで、あなたのオリジナルサイトが完成です!!

アフィリエイトブログ記事作成時の日付や投稿時刻は、RSSリーダーで読んでいる人には表示されてしまいますのであしからず。

  

seesaaブログのh2・h3タグ

アフィリエイターが知っておくべきseesaaブログカスタマイズ。
無料ブログで、アフィリエイトをするには必読です。

seesaaブログでは記事ページのHTMLは、日付がh2で記事タイトルがh3になっています。

数字が小さいh2はh3よりも重要という扱いになっているんですね。
このままでは記事タイトルより、日付が重要ということになっしまいます。
日付がh2になっていても、SEO的には無意味ですのでこれを変更してしまいましょう。

無料ブログのシーサーでアフィリエイトをするには欠かせない・・・
記事ページの表示は変えずに、HTMLをSEOに有利に変えるカスタマイズ方法です。

h2・h3タグの変更方法
デザイン→コンテンツ→記事→コンテンツHTML編集
で記事のHTML編集のページに入ります。
(デザイン→HTMLではなく、コンテンツを選んでから順番に進んでください)

記事のHTML編集ページの中段あたりに、下記のような部分があります。

<% if:with_date %><h2 class="date"><% article.createstamp | date_format("%Y年%m月%d日") %></h2><% /if %>
<div class="blogbody">
h3 class="title"><a href="<% article.page_url %>" class="title"><% article.subject %></a></h3

これを下の様に変更します。

(既にh2の日付部分を削除済みの場合は、h3の部分をh2に変更するだけです)

<% if:with_date %><div class="date"><% article.createstamp | date_format("%Y年%m月%d日") %></div><% /if %>
<div class="blogbody">
h2 class="title"><a href="<% article.page_url %>" class="title"><% article.subject %></a></h2

最後に「保存」ボタンを忘れずに。

テンプレートによって違いがありますので、変更後に必ずブログ画面を確認してみましょう。
ブログの画面チェックをして、レイアウトが崩れている場合は、スタイルシートもいじります。

デザイン→デザイン一覧
このページで、あなたが現在使用中のCSS(スタイルシート)を変更します。

スタイルシートの編集画面で
h2{
h2の内容
}

h3{
h3の内容
}

h3a{
h3aの内容
}

上記のh2をh3に変更。h3をh2に変更します。
ココでもう一度、ブログ画面を確認してみましょう。


レイアウトが崩れていたら、もう一箇所。
元のh2の内容(すでにh3に変更済み)をコピーして
.date{
dateの内容
コピーしたh2の内容
}

上記のようにh2の内容を貼り付けます。
再構築して、きちんと表示されているか確認してみましょう。

最悪、間違えても元に戻せばやり直しができます。
まずは、挑戦してみましょう。

無料ブログでアフィリエイトを成功させるには、ちょっとした手間が欠かせませんよ。
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。